伊豆の情景

故郷の伊豆を写真のテーマにしてからは、毎月出かけた年もあり、訪れる度に自然の豊かさと積み重ねてきた歴史を感じることができました。「伊豆の情景」は、風景から祭事、ご当地グルメなど写真を中心に広くご紹介しています。

伊豆の散歩道・修善寺「指月殿(しげつでん)」

伊豆の情景 中伊豆

「指月殿(しげつでん)」は鎌倉時代初期の建築物で、伊豆最古の建築物としても知られています。

 

修善寺「指月殿(しげつでん)」説明碑
説明碑
修善寺「指月殿(しげつでん)」指月殿側面
指月殿の側面
修善寺「指月殿(しげつでん)」紅葉映える指月殿
紅葉映える指月殿

源頼朝の正妻にして尼将軍として知られる北条政子が、暗殺された息子源頼家(鎌倉二代将軍)の冥福を祈り菩提所として建立したものです。

 

桂川を挟んで修禅寺の反対側の鹿山の麓に建立されており、堂の中央に禅宗式という珍しい形の木造釈迦如来坐像があります。

 

指月殿に向かって左手には源頼家の墓があります。

 

歴史や建築に興味ある人を除き、これといった見るべきものがないように思われますが、長い歴史が感ぜられる境内の雰囲気に浸るのもよいでしょう。

 

竹林の道から徒歩5分もかからない場所にあり、道脇のお店や観光施設を眺めながらの散歩となります。

(地図を見る)

下田市蓮台寺温泉「金谷旅館」の千人風呂

伊豆の情景 南伊豆

「蓮台寺温泉」を代表するものとして、多くの温泉好きに知られている「金谷旅館」の
「千人風呂」があげられます。

 

蓮台寺温泉「金谷旅館の千人風呂」旅館入口
金谷旅館の入口
蓮台寺温泉「金谷旅館の千人風呂」時代を感ずるフロント
時代を感ずるフロント
蓮台寺温泉「金谷旅館の千人風呂」千人風呂の入口
千人風呂の入口
蓮台寺温泉「金谷旅館の千人風呂」千人風呂の全景
千人風呂(撮影禁止でパンフレットをコピー)

立ち寄り湯も可能で、今も根強い人気があり訪れる人が絶えません。

金谷旅館の「千人風呂」は大正4年に建てられていますが、平成14の改装工事により、日本最大の檜風呂として知られるようになりました。

 

千人の入浴は無理ですが、優に100人を超える入浴はできるほどの広さです。

千人風呂は、中央の丸太を挟んで深さが異なる構造で、深い方は1メートルの深さがあり、思わず泳ぎたくなるほどの広さです。

 

14年の改装工事で千人風呂の外に婦人用大浴場が出来、混浴だった千人風呂を敬遠する女性に喜ばれているようです。

もちろん、千人風呂は今でも混浴できますが、女性はバスタオルの着用が必要です。

 

今回訪れた時に、30代前半のカップルが千人風呂に入ってきましたが、女性はタオルを巻かずに、前だけをタオルで隠す形でしたので、お尻が丸見えでした。

外人さんが1人入っていましたが、驚いた顔をしていましたね。

 

温泉は24時間の自家源泉掛け流しの弱アルカリの単純泉です。

高い天井と広い空間を要した昔風の檜風呂の浴場と、長湯が楽しめる湯の温度が絶妙で、思わず長時間の時を過ごすことになりました。

 

金谷旅館は宿泊も可能ですので、心行くまで温泉を楽しむことができます。

(地図を見る)