ぶらり旅 記事一覧

ぶらり旅・四国周遊「金刀比羅寓」

休息室 ぶらり旅 記事一覧 ぶらり旅 個別記事

「こんぴらさん」の呼び名で親しまれている香川県の名所「金刀比羅寓(ことひらぐう)」は、本宮まで続く785段という長い階段でも知られていますね。

四国周遊「金刀比羅寓」登り口の駕籠二挺
階段を上るのが苦の人は駕籠で
四国周遊「金刀比羅寓」大門からの登り口
大門 ここまで365階段
四国周遊「金刀比羅寓」 五人百姓のお店
五人百姓のお店
四国周遊「金刀比羅寓」階段登り道の旭社
旭社(あさひしゃ)ここまで628階段
四国周遊「金刀比羅寓」御本宮右手の展望台
御本宮右手の展望台
四国周遊「金刀比羅寓」御本宮
御本宮

金刀比羅寓は、何時創建されたか判明していないようですが、1001年には存在したとのガイドさんの説明でした。

 

江戸時代には「こんぴら参り」が全国的に広がり、一生に一度はお参りしたい場所として広く庶民の憧れの場所となっていました。

 

現在も農業殖産、漁業航海など、さまざまな神徳を持つ神様として、厚い信仰を集めており、年間300万人ほどの観光客が訪れる四国を代表する観光名所になっています。

 

暑い日の昼時の訪問で、山門近くの400年の歴史を刻んだうどん屋さんで腹ごしらえをして、長い階段に挑戦しました。

このうどん屋さんで、参拝客のために無料貸与している「杖」を借りましたが、ずいぶんと助かりました。

 

境内に入ると、参道で大きな笠を広げて店を出している「五人百姓」を目にします。

境内で唯一営業を許されている由緒あるお店で、「加美代飴(かみよあめ)」という砂糖と水飴で作られたべっこう飴を販売しています。

 

785段という長い石段を登り切った正面に御本宮があり、一息入れてのお参りです。

お参りは通常の神社のお参りとは異なり、軽く一礼後、2拍2礼、軽く一礼です。

 

御本宮の右手は展望台になっており
、海抜251mの高さから見渡す風景は絶景で、天気が良ければ讃岐平野から讃岐富士、瀬戸大橋なども見ることができます。

とにかく長い石段はしんどいです、足腰の弱い人には石段下のかご屋さんを利用することもできます。

(地図を見る)

ぶらり旅・台湾紀行「蓮池潭」「龍虎塔」

休息室 ぶらり旅 記事一覧 ぶらり旅 個別記事

「蓮池潭(れんちんたん)」・「龍虎塔(ほうせいたいてん)」は高雄市からタクシーで10分ほどの距離にある、日月潭、九分と並んで台湾の3大観光地の一つです。

 

台南市「蓮池潭(れんちんたん)」蓮池潭に浮かぶ五里亭
蓮池潭に浮かぶ五里亭
台南市「龍虎塔(ほうせいたいてん)」龍を前景に
龍虎塔
龍虎塔(ほうせいたいてん)」虎と龍虎塔
虎と龍虎塔
龍虎塔(ほうせいたいてん)」龍の口から入る
龍の口から入る
龍虎塔(ほうせいたいてん)」虎の口からの光景
虎の口から出て記念撮影

日本の東武ワールドスクウェアの世界有名建築物102点の中で、台湾では台北の高層ビル「台北101」と「龍虎塔」の2点が選ばれているほどの有名観光スポットです。

 

「龍虎塔」を横から眺める岸辺に、台湾版の「くまもん」が鎮座していました。

「龍虎塔」のある高雄市と熊本市は姉妹都市ということが理由のようで、胸の白い部分が台湾は△、本家熊本は〇ということの違いだけということです。

 

ちなみに、高雄市は八王子市(高尾山と高雄との関係)とも姉妹都市だそうです。

 

蓮池潭の南に位置する龍虎塔は、あまりにも有名で解説は省略しますが、龍虎の大きく口を開けた中を人間が通る様を、いかに迫力ある写真に収めるかに興味がありました。

 

台湾では一番良い動物は龍、一番悪い動物は虎と信じられており、龍の口から入り、虎の口から出てくると、災いがなくなり、福が来るということのようです。

 

時間に余裕のある方は、整備されている湖の遊歩道を散策するのもよいでしょう。

遊歩道を1周するには1時間以上かかりますが、蓮池潭の周辺には、孔子廟をはじめ、塔や廟、巨大な像など、さまざまな建築物があるので見学しながらの散策は時間の余裕をもって楽しみましょう。

 

訪れた時はハスの時期ではありませんでしたが、「蓮池潭」は、字のごとくハスの実でも有名で、スープ・デザートにも利用されているようです。

くまもん近くの出店でマンゴーシャーベット(80元)を食べましたが、暑かったせいかことのほか美味しかったですね。ちなみにマンゴーはタイ産とのこと。

 

タピオカミルクティーもお勧めですが、ドライマンゴーは消費期限・産地も不明なので買わないほうがいいとのガイドさんの忠告でした。

(地図を見る)

ぶらり旅・台湾紀行「赤嵌楼」

休息室 ぶらり旅 記事一覧 ぶらり旅 個別記事

3月でも熱帯エリアに属する「台南市」は暑かったですね。

 

台湾台南市「赤嵌楼」石碑の下の亀の彫刻
石碑の下の亀の彫刻
台湾台南市「赤嵌楼」鄭成功の像
鄭成功の像
台湾台南市「赤嵌楼」科挙制度試験の参考書
科挙制度試験の参考書
台湾台南市「赤嵌楼」赤嵌楼を見上げる
赤嵌楼の建物の一部

卓球で活躍した「アイちゃん」の旦那さんの故郷である「台南市」の郊外にある「赤嵌楼(せきかんろう)」は台南最古の歴史建造物です。

 

1652年にオランダ統治時代にオランダ人が建造したもので、台南防衛の拠点のひとつでした。

 

オランダ統治、明鄭時代、清時代、そして日本統治時代と様々な政権へと移り変わっていく中で、何度も改築や修復がされたということですが、レンガの城門や基礎などは当時の面影を残しています。

 

台湾の歴史上の人物として知られている「鄭成功」は、「赤嵌楼」を包囲したオランダ軍に勝利した人物として知られ、その政権時代に名前が赤毛城から「赤嵌楼」と改められています。

 

「鄭成功」の奥さんは日本人ということで、それに関するお話をいろいろガイドさんが話してくれました。

 

良い功績を残した人を称えた碑文を刻んだ石碑が並んでおり、その下に亀の彫物が並んでいます。

 

伝説の由来からすると、重荷を背負う神通力を持った亀ということのようです。

(地図を見る)

ぶらり旅・台湾紀行「文武廟」

休息室 ぶらり旅 記事一覧 ぶらり旅 個別記事

「文武廟(ぶんぶびょう)」は日月潭の湖畔にある台湾で一番大きな廟(日本のお寺に近い)です。

 

台湾紀行「文武廟」前殿(文廟)付近から山門を望む
前殿(文廟)付近から山門を望む
台湾紀行「文武廟」屋根越しに日月潭を望む
屋根越しに日月潭を望む
台湾紀行「文武廟」九頭の龍の彫刻
九頭の龍の彫刻
台湾紀行「文武廟」赤い8メートルの獅子像
赤い8メートルの獅子像

この廟は、日本統治時代にこの日月潭を利用しての発電計画に伴い、湖面が上昇して二つあった廟が移動して一つの廟として建立(1938年)されたのが「文武廟」の始まりです。

 

その後、寄付などの援助により廟の規模が大きくなっていきました。1999年の大地震で建物の一部が損害を受けましたが、復旧されて現在の雄大な寺院に再現されています。

 

建物は山門側から奥に行くほど高くなっていて、順番に「拝殿」「正殿」「後殿」の三層構造になっています。

 

一番手前の「拝殿」は主要な祭祀を行う場所で、その次の「正殿」に三国志などでおなじみの関羽や岳飛の武の神様が祀られており、一番奥の「後殿」には儒教の創始者「孔子」の学問の神様が祀られています。

 

文武廟では武人よりも文人のほうが格上として崇められているということです。

山門をくぐって出迎えてくれる大きな二匹の赤い獅子像は「石獅」とよばれ、高さ約8mもある大きなものです。

 

獅子の「石獅」と「九頭の龍」の彫物は文武廟でも特に有名です。

一番奥の「後殿」の階段を更に登っていくと写真のような文武廟の美しい屋根越しに、日月潭の風景が目に飛び込んでいます。

(地図を見る)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 >