企業年金

DC活用の老後資金「お任せ運用とは」

仕事が忙しくて確定拠出年金(DC)運用に時間を割くことができずに、お任せで運用できないかという人もいます。   確定拠出年金に限らず、中長期の資産運用では頻繁に売買する必要はありません。 株式や債券など具体的な・・・・つづき

企業年金活用「老後の不安と無関心」

「老後に対して不安は持っているが、無関心」という現状をよく目にします。   老後に不安を持っているのにも関わらず、自分が受け取れる年金額を把握していない、または年一回送られてくる「年金定期便」を見たこともないと・・・・つづき

「確定拠出年金」受取は一時金か年金か

企業型、個人型を問わず、確定拠出年金(DC)で一番大事なことは、年金と一時金どちらで受け取るかの「給付」の課題があります。   確定拠出年金の給付金には「老齢給付金」「障害給付金」「死亡一時金」があります。 一・・・・つづき

「個人型DC」導入時の企業実務

「個人型DC」は、確定給付企業年金(DB)や企業型DCなどの既存の企業年金と比較すると、規約の作成・管理や金融機関の選定等の事務は発生せず、事務負担・事務コストの低減があります。   しかし「個人型DC」に加入・・・・つづき

DC活用の老後資金「預金や保険での運用」

資産運用の必要性は理解しているが、どうしても運用のリスクをとるのが怖いという方も多いと思います。   こうした方の場合は、元本確保型商品が検討の候補になります。 確定拠出年金では、元本確保型商品として定期預金と・・・・つづき

DC活用の老後資金「メンテナンスの重要性」

確定拠出年金では、運用期間中に投資商品を変更することが可能で、多くの運営管理機関はその回数に制限を設けていません。   しかし、加入者の全体の約7割近くの人が、投資商品の変更手続きをしたことがないといわれていま・・・・つづき

確定拠出年金「加入者教育」の重要性

ご存知のように、企業型確定拠出年金制度の運営においては、事業主に対して従業員への投資教育の義務が課せられています。 このため、制度導入時に投資教育のセミナーを実施しない企業はないと思います。   確定拠出年金は・・・・つづき

企業年金「リスク抑制型運用」

企業年金の運用商品は、従業員の年金支払いなどに備えた企業からの資金を運用会社が 運用の受託をし、株式や債券で運用します。   多くは株や債権比率を固定するタイプが多いですが、昨今のマイナス金利や投資環境のブレの・・・・つづき

1 2 3 >