各種手続き代行

社会保険は要件に該当する労働者を雇う場合は、社会保険に加入することが義務付けられています。また労働保険の労災保険加入は働く人の形態に係らず一人でも雇われた事務所は加入手続きが必要です。また働く人の一定の条件により雇用保険の手続きも必要です。

労動・社会保険加入手続きの代行

労働基準監督署、ハローワーク、年金事務所、健康保険協会等に提出する書類の作成、届出の業務代行を行っております。面倒な手続きでお困りの企業様、事務効率化をお考えの方は是非ご相談ください。

労働・社会保険の給付

労働・社会保険の加入、従業員の退社・入社、各種給付金の申請、労働申告書、算定基礎届、賞与支払届等多くの手続きが必要になります。

社会保険の主な給付

<健康保険の主な給付>

◆傷病病手当 ◆出産手当と出産一時金
病気や怪我での休業期間中賃金の支払いがない場合に支給されます。 労基法の産前産後の休業期間中1日につき標準報酬日額の2/3が支給されます。
◆療養費の給付 ◆葬祭費等の給付
外国で治療を受けた場合や緊急で保険証を提示できない場合に支給されます。 被扶養者、または本人が亡くなられた場合、葬祭費、葬祭料が支給されます。

<厚生年金等の主な給付金>

◆老齢基礎年金・老齢厚生年金 ◆障害基礎年金・障害厚生年金
一定の要件を満たした人が受給年齢に達した時に支給されます。 障害の状態になった時に一定の要件を満たした時に支給されます。
◆遺族基礎年金・遺族厚生年金
一定の要件を満たした被保険者または受給権者が亡くなったときに支給されます。

 労働保険の主な給付

<雇用保険の主な給付>

◆高齢者雇用継続給付 ◆育児休業給付
一定の条件を満たし引き続き雇用を継続する場合に援助を目的とした給付です。 働く人が育児休業を取りやすくし、スムーズな職場復帰の援助を目的としたものです。
◆介護休業給付
家族が要介護状態になり休んだ場合に賃金の一部が補填されます。

<労災保険の主な給付>

◆療養(補償)給付 ◆休業(補償)給付
治療費の全額が支給されます。 休業期間中、賃金の支払いがない場合、平均給与に応じた一定額が支給されます。
◆障害(補償)給付 ◆遺族(補償)給付
治療が終了した時点で、障害等級に応じた日数分が支給されます。 加入者が死亡した場合、一定範囲の遺族に年金または一時金が支給されます。