企業年金コンサル

◇企業型確定拠出年金制度導入・運用のご相談

PHM11_kigyounenkin退職給付制度移行の中で、中小企業の企業型確定拠出年金制度の導入が進んでいます。制度導入のご相談から、投資教育の実施・アドバイスまで承ります。

制度導入に当たっては、労使でしっかり協議し、情報を開示して将来の制度維持の可能性を十分考慮した制度設計にすることが重要です。

◇継続投資教育の実施・アドバイスのご相談

企業型確定拠出年金は加入者自らが掛け金を運用し、運用成績によって受け取る年金額が変わる個人がリスクを持つ制度です。

「デフォルト商品」への依存から想定利回りを超える運用成績を確保するためには、「老後資金は自己責任」の自覚を促すことが大切です。

このためには継続投資教育の向上を図り、分かりやすい投資教育での資産運用知識の向上を図る必要があります。

◇ライフプラン教育・研修のご相談

確定拠出年金導入企業の中で、退職後の生活資金を計画するマネープランや、趣味や生きがいを考えるライフプラン研修の相談が増えています。
・公的年金や企業年金を含めた老後資金を確認したい
・退職後の人生自体が不安(社会との繋がり、生きがい・・)等

リタイアメントプランの経済的準備の部分は、定年退職後にはできません。現役世代で準備を完了することが重要です。

年金見込額の把握を含めた「年金セミナー」、「経済的自立セミナー」や「生きがいとライフプランセミナー」を実施しております。ご相談ください。

当事務所では年金受給在職者に関する在職老齢年金制度や、高年齢雇用継続給付制度該当者の年金調整等のご相談、障害給付該当従業員に関する障害給付制度や障害年金のご相談も承っています。

ライフプランに関する情報は、当事務所管理の「木漏れ日のカフェで」のサイトをご覧ください。