コラム 記事一覧

歳時記・大寒「季の植物 蕗の薹」

休息室 コラム 記事一覧

1年で最も寒さが厳しいころの「大寒」。

 

この時期になると、三寒四温の言葉を聞くようになります。

里山の冬枯れの中に春の使者と呼ばれる「蕗の薹(ふきのとう)」を見ることができるようになります。

 

キク科の多年草である蕗の薹は、食用にもなり、ほろ苦さと香りを楽しむ人も多いと思います。

天ぷらでいただくことが多いと思いますが、炒め物や煮浸し、みそ汁の具材としてもいいですね。

歳時記・小寒「季の行事 鏡開き」

休息室 コラム 記事一覧

最も寒い時期の始まりの歳時として「鏡開き」があります。

 

鏡開きとは今年一年の一家円満を願いながら、神様にお供えした鏡餅をお下がりとして
いただくという風習です。

飾って固くなった餅を金槌などでたたいて細かくし、お汁粉などでいただきますが、都会ではこの風習もすたれてきました。

 

鏡餅には年神様が宿っているので、神様とも縁を切らないように、「割る」とは言わず
「開く」と縁起の良い表現を使っています。

歳時記・冬至「季の行事 ゆず湯」

休息室 コラム 記事一覧

1年で最も昼が短く夜が長いころの「冬至」、これから日が伸びていくことから、古代では1年の始まりとされていました。

 

冬至といえば「ゆず湯」、体を温めて「風邪知らず」を願い、柚子の浮く湯船に浸る心地はよいものです。

ゆずの皮に含まれる芳香油の作用によって、湯冷めを防ぎ、疲労回復や美容効果もあるようです。

 

そば好きにとっては、晩秋から黄色く色ずいたゆずの皮を、蕎麦粉に練り込んだ「ゆず切」を堪能できる季節になりました。

歳時記・大雪「季の魚 鮪」

休息室 コラム 記事一覧

いよいよ本格的に雪が降り始めるころの「大雪」、降雪地帯では雪吊りの作業に追われるころです。

 

マグロのセリこの季節の魚の大様「鮪」が美味しくなる冬をむかえました。

魚好きの日本人にとって、なくてはならない魚の一つとなりましたが、冷凍技術のなかった昔は、鮮度の落ちやすい鮪は下等な魚として扱われていたようです。

 

特にトロに至っては、赤身部分より腐敗しやすく敬遠され、猫も食べないでまたいだほど。

トロ、中トロ、赤身など、鮪の部位により好みがあるようですが、中トロが好みです。

 

毎年正月の鮪の初競りで、千万円単位のご祝儀相場がつきますが、令和3年のご祝儀相場は上がるのか。

1 2 3 4 5 6 7 8 >