歳時記・夏至「季の節目 半夏雨」

休息室 コラム 記事一覧

1年でもっとも日が長く夜が短いころの「夏至」、これから暑さが日に日に増していきます。

 

夏至から数えて11日目が半夏生で、田植えを済ませた農家が休息をとる日です。

この半夏生の日に降る雨を「半夏雨」といいます。

 

農家の忙しさがひと段落した半夏のころには、特別な料理を振舞うなど、地域によりいろいろな風習があったそうです。

« »