中伊豆

伊豆の散歩道・修善寺「指月殿(しげつでん)」

伊豆の情景 中伊豆

「指月殿(しげつでん)」は鎌倉時代初期の建築物で、伊豆最古の建築物としても知られています。

 

修善寺「指月殿(しげつでん)」説明碑
説明碑
修善寺「指月殿(しげつでん)」指月殿側面
指月殿の側面
修善寺「指月殿(しげつでん)」紅葉映える指月殿
紅葉映える指月殿

源頼朝の正妻にして尼将軍として知られる北条政子が、暗殺された息子源頼家(鎌倉二代将軍)の冥福を祈り菩提所として建立したものです。

 

桂川を挟んで修禅寺の反対側の鹿山の麓に建立されており、堂の中央に禅宗式という珍しい形の木造釈迦如来坐像があります。

 

指月殿に向かって左手には源頼家の墓があります。

 

歴史や建築に興味ある人を除き、これといった見るべきものがないように思われますが、長い歴史が感ぜられる境内の雰囲気に浸るのもよいでしょう。

 

竹林の道から徒歩5分もかからない場所にあり、道脇のお店や観光施設を眺めながらの散歩となります。

(地図を見る)

伊豆の散歩道・修善寺「竹林の小径」

伊豆の情景 中伊豆

修善寺温泉街の中心部を流れる「桂川」に沿う「竹林の小径」は、修善寺観光でも外せない観光ポイントです。

 

修善寺「竹林の小径」紅葉の小径
紅葉背景の竹林の小径
修善寺「竹林の小径」椿が映える小径
竹林の紅一点の椿
修善寺「竹林の小径」小径のツルキキョウ
小径のツルキキョウ
修善寺「竹林の小径」紅葉とのコラボ光景
紅葉とのコラボ光景
修善寺「竹林の小径」鮮やかな紅葉の世界
鮮やかな紅葉の世界

竹林の小径の中央にある大きな竹の円形ベンチにあおむけに寝、空を眺め、目を閉じて竹林を通る風を感じるのもいいですね。

 

季節的には紅葉と竹林のコラボが楽しめる秋がお勧めです。

 

竹林の小径の出入口の鮮やかな紅葉と、桂川沿いの紅葉が竹林を通して眺めることができ、倍の景観が楽しめます。

 

時期限定ですが、ライトアップもされた幻想的な光景を眺めることもできます。

(地図を見る)

老木目立つ修善寺「モミジ林」

伊豆の情景 中伊豆

数年おきの訪れている伊豆修善寺の「モミジ林」は老木化が進み、伐採された後の空間が目立ち、以前ほどの景観を失いかけているように見えます。

 

伊豆市修善寺「モミジ林」入口の大型駐車場
モミジ林入口の大型駐車場
伊豆市修善寺「モミジ林」
伊豆市修善寺「モミジ林」
伊豆市修善寺「モミジ林」
伊豆市修善寺「モミジ林」紅葉の大樹を見上げる
伊豆市修善寺「モミジ林」
伊豆市修善寺「モミジ林」早朝のモミジ林
早朝のモミジ林

10年ほど前に撮影された見事なモミジ林の写真の光景を記憶し、その時の撮影ポイントと思われる位置からの光景と比較すると、伐採された後の空間が目立ちました。

 

それでも人気は衰えず、毎年11月末〜12月上旬の紅葉に時期には大型駐車場が観光バスで埋まるほどの観光客が訪れています。

 

若木の植栽等を施し、景観の維持をお願いしたいです。

(地図を見る)

伊豆の散歩道・修善寺「修禅寺」

伊豆の情景 中伊豆

弘法大使空海が創設した伊豆の名刹「修禅寺」は、北条氏、源氏の興亡を見守った伊豆を代表する名刹で、伊豆八十八ヶ所霊場巡りの結願の札所です。

 

修善寺「修禅寺」山門の紅葉
山門の紅葉
修善寺「修禅寺」本堂前の桜光景
桜開花時期の修禅寺本堂
修善寺「修禅寺」温泉の手水場
水屋の温泉の手水場
修善寺「修禅寺」寺院脇の紅葉光景
寺院脇の紅葉
修善寺「修禅寺」紅葉の鐘楼堂
鐘楼堂と紅葉
修善寺「修禅寺」鐘楼堂脇の紅葉と竹林風景
鐘楼堂脇の紅葉と竹林

「修禅寺」は修善寺温泉街の中心にあるためか、修善寺観光の定番スポットになっています。

 

温泉に恵まれた修善寺には四季を通し多くの観光客が訪れますが、中でも紅葉の時期にピークを迎えます。

 

「修禅寺」境内にも10本程のモミジがあり、特に山門・鐘楼堂・水屋のあたりのモミジが見事で、全国有数の美しさといわれる鐘楼堂にかかるモミジの景観と、鐘楼堂脇の竹林との景観がお勧めです。

 

山門をくぐると右側に水屋が見えてきます。

 

この水屋は全国でも珍しい源泉かけ流しの温泉水が、手水場の龍の口から流れ出ており、60度ほどの温泉水(御手水)で手と口を清めます。

 

この温泉水は飲むこともできますが
、飲用する場合は飲用にあたっての注意書きを一読して効用等を確認するとよいでしょう。

(地図を見る)

1 2 3 4 5 >